スポンサーサイト

  • 2014.11.26 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


映画「ヤッターマン」深キョンドロンジョ様 動画画像あり



女優、深田恭子(26)が13日、映画「ヤッターマン」(三池崇史監督、3月7日公開)で演じる悪役・ドロンジョ姿を初公開した。



抜群ボディー(16歳当時で1メートル63、B86W60H88、現在は更なる成長を遂げているはずだが非公表)をボンデージ風衣装に包んだ姿は、想像以上にセクシー。自ら積極的にアイデアを出したそうで、「この衣装をすごく愛しています!」と大のお気に入りだ。



また、“深キョンドロンジョ”とトリオを組むボヤッキー役の生瀬勝久(48)、トンズラー役のケンドーコバヤシ(36)も、つけ鼻、つけ出っ歯をし、原作アニメそっくりに変身。コスプレを楽しんでいる。

≪先行公開動画≫
い


おまけ (小さい画像はクリックで大きくなります)














続きを読む >>

劇場版「エウレカセブン」スタッフ、キャストを発表

劇場版「エウレカセブン」スタッフ、キャストを発表

 本年ゴールデンウィーク公開予定の劇場アニメ『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』の公式サイトが、新たにスタッフとキャストの一部を公開した。
 サイトは現在プレサイトで正式オープンは少し先と見られるが、劇場作品を楽しみに待つファンにとっては重要な情報になるだろう。


 まず注目はキャストにあがったレイトン、エウレカ、ホランド、タルホ、ドミニク、アネモネの6人の名前だ。キャストは6人とも前作通りで変更なしだから、これまでと同じ声優さんにこだわるファンに満足の行くものに違いない。
 また「もうひとつの恋」と名を打たれていたことから番外編?との憶測もあったが、テレビシリーズの主要6キャラクターが並んだことで、こちらは前作を踏襲したものになりそうだ。また、制作会社が前作に続きボンズであることも、ファンの期待通りであろう。

≪先行公開動画≫
い

 一方で、スタッフ陣では幾つか変った点が見受けられる。これまで監督であった京田知己氏が総監督となっている。キャラクターデザインとメインアニメーターであった吉田健一氏はキャラクターデザインだけとなり、アニメーションディレクターとして斎藤恒徳さんが立てられている。
 斎藤恒徳さんは『ストレンヂア 無皇刃譚』の人物設計など、これまで様々なボンズの作品に関わってきたが、テレビシリーズ『エウレカセブン』では主要スタッフでなかったから大きな変更点だ。
こうした制作体制の変更は、劇場映画がテレビシリーズと異なる作品になることを感じさせる。詳しくは映画が公開されれば明らかになるに違いない。




『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』 公式サイト
http://www.eureka-prj.net/